疲労回復についての情報サイト

疲労回復ナビ

ニュース&コラム

疲労と慢性疲労の違い

更新日:

ずっと疲れが取れない。いつも疲れている。もしかして慢性疲労かも…。

あまりに疲れが取れないと不安になってきますよね。疲労と慢性疲労の違いはどこにあるのでしょうか。

違いは回復するかしないか

疲労は誰にでもあります。誰だって体を動かせば疲れます。一日中働いたり遊んだりした日の夕方はどっと疲れますよね。ところが、一晩寝るとある程度回復します。また、忙しい一週間が続いても、週末に休息するとかなり回復すると思います。このように、休息を取ると回復するのが「疲れ」です。

一方「慢性疲労」は単なる「疲れ」とは違い、いくら休んでも回復しないものを言います。病院で検査をしても原因がわからないものが多く、体力の低下や栄養不足、ストレス、睡眠不足、肝臓機能の低下などが原因となります。また、疲労感が長引き、日常生活に支障をきたすほどの状態が6ヶ月以上続くと、「慢性疲労症候群」という病気として認識されます。

もし、長期間疲れが取れず、慢性疲労かもと思った時は、一度医師の診察を受けてみましょう。また、生活を振り返って何が疲労の原因になっているかを考えて、それを取り除く努力をしてみるといいでしょう。

-ニュース&コラム

Copyright© 疲労回復ナビ , 2017 All Rights Reserved.