疲労回復におすすめのサプリメント

疲労回復には十分な睡眠とバランスの取れた食事が大切です。
しかし、忙しい生活の中では、どちらも十分にとることができず、不足してしまう人もいるでしょう。
そんな時にはサプリメントの助けを借りるのも一つの方法です。
ここでは疲労回復におすすめのサプリメントをご紹介します。

疲労回復サプリおすすめランキング

イミダペプチド

イミダペプチドは、渡り鳥の筋肉に含まれる成分です。渡り鳥は休憩することなく何千キロもの海を渡って飛びます。それを可能にする秘密のひとつがこのイミダペプチドです。
イミダペプチドは疲労回復を助けるとともに、疲労を予防するパワーを持っています。

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10は活性酸素を抑える働きがあります。また体内でのエネルギーの生産にも関係しています。コエンザイムQ10は年齢を重ねるとともに減少していきます。食事でも摂取することはできますが、サプリメントで補うのも効果的です。
ディアナチュラ コエンザイムQ10 60粒

アミノ酸BCAA

アミノ酸BCAAとは、人間の体内で合成できないアミノ酸です。このため食事からの摂取が不足すると、疲れやすくなると言われています。
アミノバイタル GOLD 30本入箱

おすすめサプリの比較

テーブル

疲労回復サプリに含まれる主な成分と効果

疲労回復を助ける方法としては次の3つが挙げられます。1今ある疲れを取る成分、2疲れを予防する(疲れにくくする)成分、3エネルギーの生産を助けるの3つ
主な成分は下記の通りです。
※さらっと軽く触れる

イミダペプチド

イミダペプチドは疲れの原因である活性酸素を抑制し、酸化を防ぎます。鳥の胸肉、カツオ、マグロなどに含まれます。

コエンザイムQ10

エネルギーを作り出すのに必要な成分です。強い抗酸化作用も持っています。イワシ、牛乳、ほうれん草、ゴマなどに多く含まれます。

アミノ酸BCAA

バリン、ロイシン、イソロイシンの3つのアミノ酸が筋肉を構成する組織を修復します。肉、魚、乳製品、卵などに多く含まれます。筋力トレーニング後の回復に有効とされています。

ビタミンC

疲労の原因となる活性酸素を抑え込む働きがあります。通常でも1日あたり50-100ミリグラムの摂取が必要です。果物、野菜、さつまいもなどに含ます。

クエン酸

エネルギーを作るのに必要な成分です。梅干し、酢の物、レモンなど酸っぱいものに多く含まれます。

性別・年代と疲労回復サプリ

年齢、性別で特に違いはありません。疲労の度合いや内容は人それぞれです。肉体的な疲労、精神的な疲労、慢性的な疲労など、疲労の種類にもいくつかあります。それらを考慮し、自分に合ったものを選ぶとよいでしょう。
特に高齢者の場合、コエンザイムQ10など、加齢とともに減少する成分を摂取すると効果的と言えます。
また、サプリメントの場合、主成分以外にも、副次的な成分が入っているものがあるため、その成分で選ぶのもよい。例えば

疲労回復サプリの購入場所

大きく分けて店舗で購入するか、通販を利用するかの2つに分かれます。
テーブルにしよう

通販のメリット・デメリット

メリット

・送料無料で定期的に届けてくれる
・口コミなど店頭では知ることのできない情報を得られる
・商品が多く、比較できる

デメリット

・商品を実際に手にとって見ることができない。
・情報が多く迷ってしまう

店舗での購入のメリット・デメリット

メリット

・商品を実際に手にとって見ることができる

デメリット

・情報は少なく判断材料が少ない
・在庫が限られるため、十分な比較ができない
通販をおすすめします。

疲労回復サプリの飲み方

時間・寝る前・即効性

疲労回復を助ける食事

はちみつ・飴・レモン・にんにく

疲労回復サプリとスポーツ

食事が基本

持久系と瞬発系

いつ飲む?

まずはお試しの980円で試してみたら?

飲み方

説明に従う。とりすぎは注意。特に油に溶けるタイプ。
食事のあと。吸収率が高まる。あとは用法を守って。アミノ酸は運動後。
水またはぬるま湯で
他に飲んでいる薬との相互作用。

価格


Notice: Undefined index: HTTP_REFERER in /home/mannaka-net/www/hirou-kaifuku/wp-content/plugins/no-index.php on line 15

Notice: Undefined index: host in /home/mannaka-net/www/hirou-kaifuku/wp-content/plugins/no-index.php on line 17